視覚障害者の男性 ドアに手を挟まれたまま列車が発車しけが

26日午後、神奈川県横須賀市の京急電鉄の駅で、列車に乗ろうとした視覚障害者の男性がドアに手を挟まれ、列車が発車した際に転倒して頭などにけがをしました。京急電鉄は、センサーが感知せず車掌も気がつかないまま発車してしまったとしています。

京急電鉄によりますと、26日午後1時ごろ横須賀市の京急久里浜駅で、60代の男性が上りの快特列車に乗ろうとしたところ、ドアが閉まり右手を挟まれました。

そのまま列車が発車したため男性は2メートルほど引っ張られて転倒し、頭と腰を強く打つけがをしました。

男性は視覚障害者で挟まれたのとは反対の左手に白杖(はくじょう)を持っていたということです。

乗客の手足や荷物などがドアに挟まったことを知らせるセンサーは1センチ程度の厚さでは感知しないことがあり、ホームに設置されたモニターなどで安全確認をしていた車掌も気がつかなかったということです。

京急電鉄は「お客様ならびに関係の皆様に深くおわびします。安全指導の再徹底と再発防止に努めて参ります」とコメントしています。