相模原 障害者殺害事件から5年 慰霊碑で献花受け付け

相模原市の知的障害者施設で19人が殺害された事件から5年です。神奈川県は26日から1週間を共生社会の実現を目指す推進週間とし、現場に設置された慰霊碑で献花を受け付けることにしています。

平成28年7月26日、相模原市にある県立の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から26日で5年となります。

この事件では、裁判でも母親が公表を決めた1人以外は匿名のまま審理が行われましたが、再建された施設の広場に設置された「鎮魂のモニュメント」には、家族が生きていた証しを残したいといった遺族の意向を受けて、犠牲者のうち7人の名前が刻まれました。
神奈川県は26日からの1週間を、事件を忘れずに共生社会の実現を目指す「ともに生きる社会かながわ推進週間」と位置づけ、午前9時から午後5時まで献花を受け付けます。

26日は午前中に黒岩知事や施設の関係者などが訪れて、亡くなった人たちを追悼する予定です。

県によりますと、モニュメントが設置された広場は推進週間のあとも午前9時から午後5時まで誰でも訪れることができるということです。

美帆さんの母「名前を記すことで 誰かの心の中で生き続けて」

事件から5年となる中、19歳で犠牲となった美帆さんの母親は「事件を風化させず、美帆のこと、19人のことを忘れないでいてほしい」と話しています。

美帆さんの母親は去年1月、裁判に合わせて手記とともに0歳から19歳までの写真と美帆さんの名前を公表していて、今月再建された施設に設置されたモニュメントにも名前を刻んでいます。

事件から5年の心境について、母親はNHKの取材に対し「美帆に会いたくてたまらないです。最後に会った5年前の7月24日に連れて帰っていたらと今も思います。施設がもっと、事件を起こした元職員と向き合ってくれていたらと思わずにいられません」と話しています。

そのうえで「5年を前に献花に行き、モニュメントに刻まれた娘の名前を見て『本当に亡くなってしまったのだ』と涙が止まりませんでした。それでも、名前を記すことで美帆を思い出してもらい、誰かの心の中で生き続けていってくれたらと思っています。美帆のことを、19人のことを、事件のことを覚えていてほしい、忘れないでいてほしいです。思い出すのはつらいけれど、差別が悲しい事件を生んだ事実を風化させたくないと思っています」と話していました。