オリンピック競泳 池江ら日本は決勝進めず 女子400mリレー

東京オリンピック、競泳の女子400メートルリレーの予選で、日本は全体の9位で予選敗退となりました。

日本は第1泳者が五十嵐千尋選手、第2泳者が池江璃花子選手、第3泳者が酒井夏海選手、第4泳者が大本里佳選手でレースに臨み、日本記録に迫る3分36秒20のタイムでフィニッシュしましたが、全体の9位で予選敗退となりました。

それでも池江選手にとっては競技に復帰して初めての国際大会、東京オリンピックで、また「第2の水泳人生」の大きな一歩を踏み出しました。

ちょうど3年前…

ちょうど3年前の24日、当時、高校3年生だった池江選手は地上350メートルの高さにある東京スカイツリーの展望台にいました。2020年の東京オリンピック開幕に向けた式典に出席した帰り、初めて訪れた場所でした。

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けていた池江選手には厳しい練習にも弱音を吐かない、そして、世界のライバルと0秒01の差をめぐってしのぎを削る重圧に立ち向かう強さがありました。「正直、めちゃめちゃきついですよ」と口調はいつもどおり明るいものの、重みを感じさせることばでした。

生まれ育った小岩の町並みや、建設が進む東京アクアティクスセンターにそっと目をやりながら、「自分がちっぽけすぎて、キツいと思っていることも本当はキツくないんじゃないかなと思う。だって、泳ぐ距離の100メートルなんてあっという間だから」とみずからに言い聞かせるようにつぶやきました。

それから3年、池江選手を待ち受けていたのは当時思い描いていたものとは全く違う日々でした。

白血病の治療のためおよそ1年にわたった入院生活、プールに戻ってからも思うように泳げずに人知れず涙することもあった苦しい日々。それでも元来の負けん気の強さと「筋力や体重がない分、自然と泳ぎでカバーできている」と語る進化を遂げた“大きく伸びやかな泳ぎ”を武器に、試練を1つ1つ乗り越えてきました。

そして、想像以上に険しかった道を歩み続け周囲の誰もが驚いた東京の舞台にたどりついたとき、池江選手はそのことを「自分の運命」と表現しました。

その最初のレース、仲間たちと臨んだ結果は予選敗退となりましたが、「与えられた使命を全うしたい」と臨む今回のオリンピックで、21歳の不屈のスイマーが歩みを止めることはありません。

池江「まだまだ速くなりたいと強く思った」

日本の第2泳者を務めた池江選手は第1泳者の五十嵐選手が5番手でタッチしてから0秒16と抜群の反応を見せてプールに飛び込みました。

その後は持ち味の大きな泳ぎでスピードに乗り、チームトップの53秒63で泳ぎましたが、第2泳者の中では4番目のタイムにとどまり、順位を上げることはできませんでした。

池江選手は自身の泳ぎについて「久しぶりの世界大会で、オリンピックということもあり、緊張感はあった。自分の力の8割くらいは出せたと思う」と落ち着いた様子で話しました。

池江選手にとって東京オリンピックは競技復帰後、初の国際大会でこの日は池江選手が最も得意としてきた女子100メートルバタフライの予選も行われていました。

池江選手は世界のライバルたちが好タイムをマークしているのをチェックしていたということで、「パリ大会に向けて、きょうのレースを見ていたがすごくハイレベルだった。自分も3年後、このレースに出るんだという気持ちで眺めていて、すごく気持ちが入ったし、まだまだ速くなりたいと強く思った」と話し、闘志に火がついたようでした。

白血病治療の女の子「頑張る姿は憧れ」

白血病から競技に復帰した池江璃花子選手の活躍を励みに同じ病気の治療を続けてきた小学生の女の子も声援を送りました。

大阪・茨木市に住む小学5年生の浅田芽生さん(10)は、おととし4月に白血病を発症し、この春までの2年間、抗がん剤治療などを続けてきました。

特にこの1年は治療に加え、感染拡大による制限も重なり心身ともにつらい日々を送ってきましたが、同時期に闘病生活を送り競技に復帰した池江選手の「努力は必ず報われる」ということばやその姿に勇気をもらい、治療を続けられたといいます。

芽生さんは、24日夜は自宅で池江選手が出場した女子400メートルリレーを見守り、競技が始まると祈るように画面を見つめながら声援を送っていました。

結果は予選敗退となりましたが、芽生さんは「レース中は池江さん頑張ってと心の中で応援していました。決勝に残る8位以内に入れず悔しい気持ちもありますが、オリンピックで池江さんが泳ぐ姿を見られてよかったです。目標に向かって頑張る姿は憧れなので、私も目標ができたら池江さんのように一生懸命頑張りたいし、このあともレースに出られたら応援したいと思います」と話していました。