オリンピック 元日本代表選手がインターネット上で「同窓会」

オリンピックの出場経験がある元日本代表選手たちが、インターネット上に集まって「同窓会」を行い、当時の思い出を語ったり、東京オリンピックの出場選手にエールをおくったりしました。

この「同窓会」は、開催中の東京オリンピックを盛り上げようと企画されたもので、オリンピックの出場経験がある元日本代表選手およそ50人が参加し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信されました。

まずはじめに、1964年の東京オリンピックに出場し、体操で金メダルを獲得した早田卓次さんなど4人が、選手村での思い出や地元開催で感じたプレッシャーなどを話し、当時を振り返りました。

そして、今回の東京オリンピックに出場する国内選手に「メダルを目指して頑張ってほしい」とか「コロナ禍でも一生懸命練習をしてきたと思うので、結果を残してほしい」などとエールをおくっていました。

早田さんは「当時思っていたことを共有できたので、有意義な同窓会でした。大変なオリンピックになったが、国民も応援していると思うので、選手には頑張ってほしい」と話していました。

この「同窓会」は、今月末に開催される第2回もユーチューブで生配信される予定です。