NYダウ平均株価終値 最高値更新3万5000ドル超 景気回復に期待

23日のニューヨーク株式市場は、企業の業績が改善傾向にあることを受けて景気回復への期待から多くの銘柄に買い注文が広がり、ダウ平均株価の終値は最高値を更新し、終値として初めて3万5000ドルを超えました。

23日のニューヨーク株式市場はこのところ発表されている企業の決算で、業績が改善傾向にあることを受けて、景気が回復することへの期待から多くの銘柄に買い注文が広がりました。

ダウ平均株価の終値は前日に比べて238ドル20セント高い3万5061ドル55セントと9営業日ぶりに最高値を更新し、終値として初めて3万5000ドルを超えました。

また、IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も上昇し、9営業日ぶりに最高値を更新しました。

市場関係者は「この日に発表されたクレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスの先月までの3か月間の決算で前の年の同じ時期と比べて業績が改善していたことから、個人消費が好調と受け止められ景気回復への期待が高まった」と話しています。