オリンピック開幕 経済3団体「安全・安心な大会の実現を」

コロナ禍の中、23日に開幕した東京オリンピックについて、経団連などの経済3団体は、緊急事態宣言が出ていることを踏まえ、安全・安心な大会の実現を求めるコメントをそれぞれ発表しました。

このうち、経団連の十倉会長は「緊急事態宣言下での開催という、異例の大会となったが、運営にあたっては、アスリートや関係者、観客、それに国民の安全・安心が最優先課題である。競技の多くが無観客開催となることは残念だが、期間中の外出を控え、アスリートの活躍を応援することを通じて、感染症対策との両立を図り、大会の成功につなげてほしい」としています。
日本商工会議所の三村会頭は「緊急事態宣言下での開催となったことは、大変残念なことだが、コロナ禍での大会運営には全世界が注目している。安全・安心な大会の実現と成功は、世界に大きな勇気と希望を与え、後世にも受け継がれるレガシーとなる。世界がコロナ禍を見事に乗り越えていく大きな弾みとなることを期待している」とコメントしています。
また、経済同友会の櫻田代表幹事は「今回の大会は、緊急事態宣言下という異例な状況で開催されるため、競技運営と感染拡大防止策を両立させる、極めて高度なオペレーションが求められる。これを達成するため、日本の現場力を最大限いかし、安心・安全な大会を実現してほしい」とするコメントを発表しました。

経済3団体のトップは、23日の開会式への出席をいずれも見送っています。