台風6号 先島諸島に最接近 暴風・高波など厳重警戒

大型で強い台風6号は暴風域を伴い、沖縄県の先島諸島に最も接近しています。台風の動きが遅いため先島諸島では猛烈な風やしけが長く続き、雨量が増えるおそれもあります。暴風や高波、低い土地の浸水、高潮などに厳重に警戒してください。

気象庁の発表によりますと、大型で強い台風6号は午後11時には宮古島の北西40キロをゆっくりとした速さで北北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

宮古島や石垣島など先島諸島の各島が暴風域に入っていて、▽西表島の大原で午後8時前に37.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

また、台風の中心から離れた沖縄本島地方などでも風が強く、▽久米島空港では午後7時すぎに32.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。台風は今後も強い勢力で東シナ海を北寄りに進む見込みです。

24日にかけての最大風速は
▽沖縄地方で40メートル、
▽鹿児島県の奄美地方で18メートル、
最大瞬間風速は
▽沖縄地方で55メートル、
▽奄美地方で30メートルと予想されています。

その後、25日にかけての最大風速は
▽沖縄地方20メートルから24メートル、
▽奄美地方で15メートルから19メートル、
最大瞬間風速は
▽沖縄地方で25メートルから35メートル、
▽奄美地方で20メートルから30メートルと予想されています。

24日にかけてうねりを伴って波が高く、
▽沖縄地方では11メートルの猛烈なしけが、
▽奄美地方では大しけが続く見込みです。

台風の動きが遅いため先島諸島では猛烈な風やしけが長く続く見込みです。

頑丈な建物の中にとどまるほか、屋内では窓から離れるなど対策をとってください。

台風の接近に伴って沖縄地方と奄美地方では大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴って激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれもあります。

24日の夜遅くまでの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▽沖縄地方200ミリ、
▽奄美地方で150ミリと予想され、
その後、25日夜遅くまでの24時間には
▽奄美地方で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

また、台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄地方では潮位が高くなり、海岸や河口付近の低い土地では高潮が発生するおそれもあります。
気象庁は暴風や高波、高潮土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水などに厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも注意するよう呼びかけています。