米ホワイトハウス報道官 “小林氏の解任の決定を支持”

東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎氏が、過去にナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして解任された問題について、アメリカ・ホワイトハウスの報道官は解任の決定を支持する考えを示しました。

東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎氏について、大会組織委員会は22日、過去のコントでナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして解任しました。

これについてアメリカ・ホワイトハウスのサキ報道官は、22日の会見で「決定を支持する。彼の不快な発言には賛同できない」と述べて、小林氏の解任を支持する考えを示しました。

そのうえでファーストレディー、ジル・バイデン氏の開会式への参加については「予定どおり出席する。最も高いレベルの人物が政府を代表しアメリカの選手団を応援するためだ」と述べて、小林氏の問題の影響はないと強調しました。

イスラエル駐日大使「大会組織委に強い非難の意を」

イスラエルのヤッファ・ベンアリ駐日大使はツイッターに「駐日イスラエル大使として、また、ホロコースト生存者の娘として、小林氏が過去に使っていた反ユダヤ主義的な発言について聞き、衝撃を受けております。私は小林氏のおぞましい行為について、大会組織委員会に対し強い非難の意を表しました」と投稿しました。

そのうえで「こうした行為は、日本、あるいはオリンピックに相いれないものであるべきです。解任を決定した組織委員会の迅速な対応に感謝いたします」としています。