バイクが道路横断中の歩行者はねる 運転手含む3人死亡 神奈川

15日夜遅く、神奈川県藤沢市の国道でオートバイが道路を歩いて横断していた男女2人をはねる事故があり、オートバイを運転していた男性とはねられた男女の合わせて3人が死亡しました。

15日午後11時40分ごろ、藤沢市辻堂東海岸の国道134号線で、オートバイ1台が横断歩道のない道路を歩いて横断していた男女2人をはねました。

警察によりますと、オートバイを運転していた男性は歩行者をはねた後、道路に投げ出され、右折待ちをしていた乗用車にぶつかったということです。

この事故で、はねられた男女2人とオートバイを運転していた男性1人のあわせて3人が病院に搬送されましたが、いずれも搬送先の病院で死亡が確認されました。

藤沢警察署によりますと、現場は辻堂海水浴場の近くを東西に走る直線道路で、警察は死亡した3人の身元の確認を急ぐとともに、目撃者から話を聞くなどして当時の詳しい状況を調べています。