五輪ソフトボール 米代表が事前合宿地で練習試合 山口 岩国

東京オリンピックに向けて山口県岩国市で事前合宿を行っているソフトボールのアメリカ代表が11日、日本のチームと練習試合を行いました。

東京オリンピック・パラリンピックでアメリカのホストタウンになっている岩国市では、今月5日からソフトボールのアメリカ代表の選手たちが事前合宿のため滞在しています。

アメリカ代表は世界ランキング1位の強豪で、東京大会では日本の最大のライバルになるとみられていて、11日は練習拠点となっている市内の野球場で、日本の実業団の強豪、日立と練習試合を行いました。
試合はアメリカ代表が、初回にホームランで挙げた2点を守り抜き、2対1で勝ちました。

練習試合は感染対策を取ったうえで見学が可能とされ、市民やアメリカ軍基地の関係者、およそ1100人が訪れ、拍手で選手たちを応援していました。

岩国市内の70代の男性は「大会は無観客となってしまったので、大会前に直接試合を見ることができて貴重な体験となりました」と話していました。

事前合宿は14日まで行われ、アメリカ代表の選手たちは21日に初戦のイタリア戦に臨むということです。