土石流 ツイッター投稿動画に映った消防隊員2人が語った現場

熱海市伊豆山地区に猛烈な勢いで流れ込む土石流をとらえツイッターに投稿された動画で、走って逃げる様子が映っていた消防隊員2人が取材に応じ「土石流はものすごい速度で、巻き込まれたら命を落とすと思い、全力で退避した」と当時の状況を振り返りました。

取材に応じたのは熱海消防署の消防司令の杉野巧さん(48)と消防司令補の上田洋さん(41)です。

2人は今月3日の午前10時28分に、伊豆山地区の住民から「向かいの家が土砂で埋まっている」という通報を受けて、ほかの隊員とともに出動しました。

杉野さんたちがすでに土砂に埋まっていた道路の手前で消防車を止め、周辺の住宅に入って人がいないのを確認していた時、上流から土石流が猛烈な勢いで迫ってきたということで、その瞬間が動画で捉えられていました。

画面の右下に映っている隊員が上田さんで、まず上田さんが上流から土石流が迫っていることに気付き、自分より上流側にいる杉野さんに大声で知らせます。

これに気付いた杉野さんは画面中央の赤いビルの影から画面右に向かって走って逃げ、かろうじて難を逃れました。

上田さんも画面下に向かって坂道を駆けおりて逃げることができたといいます。

杉野さんは「目の前に家があって、土砂が来ているのが直前までわからず、無我夢中で走った。その後、何度も土砂が押し寄せるのを見て、恐怖を感じた」と当時の状況を語りました。

上田さんは「ものすごい速度で来るのが見えて、巻き込まれたら命を落とすと思い、全速力で退避した。土砂が自分たちのほうに来ていたら全滅してもおかしくなかった」と振り返りました。

2人は今回の土石流は谷沿いに流れていったため、同じような地形の近くに住んでいる人は大雨の時には特に早めに避難してほしいと呼びかけていました。