フォルクスワーゲンなどに制裁金 排ガス浄化技術でカルテル

EU=ヨーロッパ連合は、ドイツの大手自動車メーカーのフォルクスワーゲンとBMWなどが排ガスの浄化技術の開発競争をめぐりカルテルを結び、EU競争法に違反したとして、日本円にして1100億円余りの制裁金を科したと発表しました。

EUの執行機関、ヨーロッパ委員会は8日、アウディとポルシェを含むフォルクスワーゲングループとBMWが技術開発をめぐってカルテルを結んでいたと発表しました。

それによりますと、各社は定期的に会合を開いて排ガスに含まれる有害物質を減らす技術の開発を互いに抑制することを申し合わせていたということです。

ヨーロッパ委員会は、この行為は正当な競争を回避するもので日本の独占禁止法に当たるEU競争法に違反したとして、2社に対し合わせておよそ8億7000万ユーロ(日本円でおよそ1140億円)の制裁金を科しました。

ヨーロッパ委員会は来週にも温室効果ガスの排出を大幅に削減するための気候変動対策を発表する予定で、ベステアー執行副委員長は「われわれの目標を脅かすあらゆるカルテルに対してちゅうちょせず行動を取る」と批判しました。

カルテルにはダイムラーも加わっていたということですが、カルテルの存在をヨーロッパ委員会に知らせたため、制裁金は免除されました。