財務事務次官 太田充事務次官が退任し矢野康治主計局長が昇格

財務省は、太田充事務次官が退任し、後任に矢野康治主計局長を昇格させる人事を発表しました。

財務省の新しい事務次官に就任する矢野氏は、山口県出身の58歳。昭和60年、当時の大蔵省に入り菅総理大臣が官房長官だった当時、秘書官を務めたほか、税制改正を取りまとめる主税局長などを歴任しました。

また、大臣官房長を務めていた際は、財務省の決裁文書の改ざん問題を受けた調査報告書の取りまとめにも携わりました。

去年7月以降は、予算編成を担当する主計局長として新型コロナウイルス対策を盛り込んだ昨年度の第3次補正予算や今年度予算の編成などに当たりました。

矢野氏は、財務省内でも財政の健全化を強く訴える立場だとされていて、事務方のトップとして、経済再生と合わせて新型コロナ対策で悪化する財政の立て直しを進められるかが課題となります。

この人事は8日付けで発令されます。