自民党総裁選挙 “党員投票も実施必要” 野田聖子幹事長代行

菅総理大臣の自民党総裁任期の満了に伴う総裁選挙について、野田聖子幹事長代行は、福岡市で行った講演で、党員投票も実施する必要があるという認識を示したうえで、立候補に改めて意欲を示しました。

この中で、自民党の野田聖子幹事長代行は、東京都議会議員選挙の結果について「自民党は国民政党と言われ、もともと多様だったが、若干そうでなくなってきているところに国民の不満があり、菅政権になって国政選挙は全部負けている。都議会議員選挙も『小池知事が出てきたから』と、ごまかすのではなく、きちんと精査しなければならない」と指摘しました。

また、菅総理大臣の自民党総裁としての任期が9月末で満了することに伴う総裁選挙について「菅総理大臣であれ、誰であれ、次の総理大臣は多くの人の信任を得て、嫌なことを国民にお願いする環境整備をしなければならない。一般党員による選挙を必ずやるべきだ」と述べ、党員投票も実施する必要があるという認識を示しました。

そのうえで、みずからの立候補について「常に準備はしている」と述べ、改めて意欲を示しました。