仏サッカー代表選手 人種差別発言 スポンサーの楽天社長が抗議

サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナに所属するフランス代表の選手2人が人種差別をしたと受け取れる動画がインターネット上で拡散され、クラブとスポンサー契約を結ぶ楽天の三木谷浩史社長は「このような発言はどのような環境下でも許されるものではない」として抗議する意向を表明しました。

インターネット上に拡散された動画はおととし7月にバルセロナが日本のホテルを訪問した際にウスマン・デンベレ選手が撮影したとみられています。

アントワヌ・グリーズマン選手とともにホテルの従業員の容姿や会話をからかうような内容で、日本人やアジア人を差別したと受け取れるとして多くの批判を浴びていました。

これを受けてバルセロナとスポンサー契約を結んでいる楽天の三木谷社長は「このような発言はどのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議するとともに見解を求めていきます」と昨夜、自身のツイッターに投稿し、クラブに対して抗議する意向を表明しました。