下校中の小1児童 横断歩道で幼稚園バスにはねられ軽傷 岐阜

30日午後、岐阜市で、横断歩道をわたっていた下校中の男子児童が幼稚園の送迎バスにはねられ、軽いけがをする事故がありました。警察によりますと、男子児童は1人で横断中でバス側の信号は黄色の点滅だったとみられるということです。

30日午後3時ごろ、岐阜市上芥見の片側1車線の道路にある交差点で、下校中の小学1年生の男子児童が幼稚園の送迎バスにはねられました。

男子児童は病院に運ばれましたが、警察によりますと頭や腕にすり傷を負う軽傷とみられるということです。

幼稚園の送迎バスに乗っていた園児6人と教員1人、67歳のバスの男性運転手にけがはありませんでした。

現場は押しボタン式の信号機がある横断歩道で、警察によりますと男子児童は同じ学校の児童ら数人で下校中に1人で横断歩道を渡りはじめたとみられています。

また、バス側の信号は黄色の点滅だったとみられ、警察が詳しい状況を調べています。