大谷翔平 2打席連続28号ホームラン 両リーグ単独トップに

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が29日のヤンキース戦で2打席連続のホームランを打ち、両リーグを通じて単独トップに立ちました。

大谷選手は先発登板を翌日に控えた29日のヤンキース戦も2番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席は、インコース高めの速球につまりライトフライでしたが、3回の第2打席では低めの変化球をとらえて右中間へ3試合連続となる今シーズン27号のソロホームランを打ちました。

大谷選手はこの時点で、ホームランの数で両リーグを通じ、単独トップに立ちました。

さらに5回、ノーアウト一塁で迎えた第3打席では、インコース高めの速球を振り抜き、鋭いライナーでライトスタンドへ2打席連続となる28号ツーランを打ち、ベーブ・ルースゆかりのヤンキースタジアムで前日に続いてファンを沸かせました。

大谷選手が1試合に2本のホームランを打つのは、今月18日以来で、大リーグでは通算5回目です。

今月のホームランはこれで13本となり、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんが持つ、日本選手の月間最多ホームラン数に並びました。

7回の第4打席はセンターフライで、タイミングをずらして投げてくる相手に打席で笑みを浮かべる場面もありました。

9回の第5打席はファーストゴロで、この日は5打数2安打3打点、5試合連続でヒットと打点をマークし、打率は2割7分8厘に上がりました。

試合はエンジェルスが5対11で敗れました。

ハイペースでホームランを量産

大谷選手はここ13試合で11本のホームランを打つなど、6月に入ってハイペースでホームランを量産しています。

大谷選手の6月の打撃成績は、ここまで25試合に出場して打率3割1分3厘、ホームラン13本、23打点で、特に15日のアスレティックス戦からは13試合で11本と驚異的なハイペースでホームランを打っています。

29日のヤンキース戦での2打席連続ホームランで6月のホームラン数は13本となって、松井秀喜さんがヤンキース時代の2007年7月にマークした日本選手の月間最多に並び、30日のヤンキース戦に記録更新の期待がかかります。

大谷選手は、松井さんがヤンキース時代の2004年にマークした日本選手のシーズン最多ホームランの31本にもすでにあと3本に迫り、シーズン前半で早くも松井さんの記録を塗り替える勢いです。

大谷選手はこのペースで打つとシーズン57本となります。

アメリカンリーグのホームラン王争いではブルージェイズの22歳、ゲレーロ Jr.選手がここまで26本と大谷選手とトップ争いを繰り広げています。

ゲレーロ Jr.選手は打率と打点の2部門でリーグトップに立ち三冠王も視野に入る活躍を見せていて、アメリカのメディアでは投打で驚異的な活躍を続ける大谷選手と、三冠王を狙えるゲレーロ Jr.選手のどちらがシーズンの最優秀選手にふさわしいか、早くも議論が過熱しています。

30日は投打二刀流で同時出場へ

エンジェルスのマッドン監督は29日のヤンキース戦後の会見で、大谷選手が先発登板する30日の試合について「投打ともに出場する予定だ」と話し、投打の二刀流で同時出場することを明らかにしました。

そのうえでマッドン監督は「彼は本当に野球を楽しんでいるし、私も彼のそういう姿を見るのが大好きだ。最後の打席での全力疾走も、ベースにジャンプするのはよくないと言っても彼はやる。そういう姿勢は愛するべきだ」と話し、9回にファーストゴロで一塁まで全力で走った大谷選手をたたえながら、けがのリスクを心配していました。

大谷選手は30日、ヤンキースタジアムで初めて登板する予定で、29日の試合後は「あすの登板に集中したい」として会見はしませんでした。

マンハッタン中心部に巨大パネル登場

ニューヨークのマンハッタン中心部にある大リーグの公式ストアには、巨大な大谷選手の写真パネルが登場しました。

写真パネルは公式ストアの隣のビルの壁面に設置され、グローブを持った笑顔の大谷選手が収まっています。

写真は全部で6人分あり、エンジェルスの選手ではこれまでMVP3回のトラウト選手のパネルが設置されていましたが、今は今シーズン大活躍の大谷選手の写真にかわっています。

このほかホームラン王のタイトルを争っているブルージェイズのゲレーロ Jr.選手や、今シーズン防御率0点台で驚異的なピッチングを続けるメッツのデグローム投手など、大リーグを代表するスター選手の写真が並んでいます。