車いす利用者 安全な電車乗り降りを 駅ホーム改修の動き広がる

車いすの利用者がより安全に電車を乗り降りできるように、駅のホームを改修して車両との段差や隙間を減らす動きが広がっています。

JR東海は今月、東海道新幹線の東京駅のホーム4か所をおよそ3000万円をかけて改修しました。

ホームの端をかさ上げして車両との段差をおよそ3センチに減らし、ホームの側面にはゴムの部品を取り付けて車両との隙間を狭めて、車いすのタイヤがはまり込まないようにしました。
こうした改修は新幹線では初めてだということで、ホームと車両の間に板をわたす必要がなくなり、乗り降りがよりスムーズにできるとしています。

車いすでの乗り降りの安全性を高めるためのホームの改修は、JR東日本が山手線や京浜東北線などの65の駅で行ったほか、東京メトロや大阪メトロも進めています。