大阪 淀川で流され不明の小学生男児 遺体見つかる

26日、大阪 高槻市の淀川で流され行方がわからなくなっていた小学生の男子児童が、27日朝、近くの川の中から遺体で見つかりました。警察が当時の状況を調べています。

26日午後4時ごろ、高槻市唐崎を流れる淀川で、9歳と8歳の小学生の男子児童合わせて3人が河原で遊んでいたところ2人が流されました。

警察によりますと、1人は近くにいた釣り人に助けられましたが、もう1人の8歳の男子児童の行方がわからなくなり、消防と警察が捜索を続けていました。

その結果、27日午前7時ごろ、当時、遊んでいた河原から近い川の中で男子児童を発見しましたが、まもなく死亡が確認されたということです。

警察は川に流されて溺れたとみて、当時の詳しい状況を調べています。