JR山手線などで運転見合わせ 変電所で電気系統トラブル

20日夕方、JR東日本の変電所で電気系統のトラブルがあり、山手線など6つの路線で運転見合わせが続いています。

午後8時半現在も復旧作業は続いているということです。

20日午後5時半ごろ、東京・渋谷区にあるJR東日本の変電所で電気系統のトラブルがあり、山手線の内回りと外回りで運転を見合わせています。

この影響でJR中央線快速電車の全線、埼京線の池袋駅から大崎駅間の上下線、湘南新宿ラインの一部の路線、JRと直通運転をしている相鉄線が、新宿駅から羽沢横浜国大駅の間の上下線で運転を見合わせています。

また全線で運転を見合わせていたJR中央・総武線の各駅停車は一部運転を再開しましたが、三鷹駅から水道橋駅の上下線で運転見合わせが続いています。

JR東日本によりますと詳しい原因は今のところ分かっておらず、午後8時半現在も復旧作業が続いているということです。

JR東日本 “変電所トラブル 架線に電気流せない状態”

JR東日本によりますと、山手線は変電所のトラブルによって列車を動かすための架線に電気を流すことができない状態になっているということです。

山手線の運行に関わる変電所は複数ありますが、JR渋谷駅近くにある変電所でトラブルがあったということで、現在、確認を進めています。
午後6時ごろ、山手線に乗っていたNHKの職員が撮影したJR恵比寿駅の映像です。

先頭車両から次々に乗客がホームドアの隙間を縫うようにして降りていました。

撮影したNHKの職員によりますと、渋谷駅で電車に乗ろうとしたところ「送電のトラブルがあった」と構内放送があったということです。

しかし、電車がホームに入ってきたためそのまま恵比寿駅に向かったところ、スピードが次第に遅くなり車内放送で「電車に送電されていないのでいつ停車するか分からない」と説明があったということです。

結局、電車はスピードを落とした状態で恵比寿駅のホームに到着しましたが後部車両がホームまで届かず、乗客は先頭車両のドアから降りることになったということです。