新国家安全保障局長に秋葉剛男外務事務次官起用へ 政府

政府は、国家安全保障局の新しい局長に、外務省の秋葉剛男事務次官を起用する方針を固めました。また秋葉氏の後任には森健良外務審議官を充てる方針です。

政府は、外交・安全保障政策の司令塔、NSC=国家安全保障会議の事務局である国家安全保障局の北村滋局長が近く退任するのに伴い、後任に外務省の秋葉剛男・事務次官を起用する方針を固めました。

秋葉氏は62歳。

昭和57年に外務省に入り、国際法局長や総合外交政策局長、政務担当の外務審議官を務めたあと、平成30年1月に外務省の事務次官に就任し戦後最長となる3年半近くにわたって務めてきました。

国際的に幅広い人脈を持つほか、中国との間で共通の利益を拡大し、関係発展を目指す「戦略的互恵関係」や、法の支配などに基づく「自由で開かれたインド太平洋」構想などの立案にも携わりました。

また、退任する北村氏は64歳。

昭和55年に警察庁に入り、第1次安倍内閣で総理大臣秘書官を務めたほか、第2次安倍内閣などで8年近く内閣情報官を、そしておととし9月から2代目の国家安全保障局長を務めました。

安倍前総理大臣の信頼が厚いことで知られ、アメリカや韓国などと連携し、北朝鮮問題への対応などにあたってきました。

一方、秋葉氏の後任となる外務省の事務次官に起用される森健良氏は60歳。

昭和58年に外務省に入り、北米局長などを経て平成30年から政務担当の外務審議官を務めています。

このほか政府は、森氏の後任の政務担当外務審議官に山田重夫総合外交政策局長を山田氏の後任の総合外交政策局長には岡野正敬国際法局長をそれぞれ起用する方針です。