国民 山尾志桜里衆院議員 次の衆院選には立候補しない意向

国民民主党の山尾志桜里・衆議院議員は、インターネットの動画で「今回の任期を一区切りとしたい」と述べ、次の衆議院選挙には立候補しない意向を明らかにしました。

国民民主党の山尾衆議院議員は、ことし4月に、議員活動のために支給されるJRパスを私的に利用していたことが週刊誌報道で明らかになり、党から厳重注意の処分を受けた一方で、議員活動は続ける意向を示していました。

山尾氏は、17日、「ユーチューブ」に動画を投稿し「私には、政治家とは別の立場で新しくスタートしたいことがある。今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」と述べ、次の衆議院選挙には立候補しない意向を明らかにしました。

山尾氏は、衆議院愛知7区選出の当選3回で、次の衆議院選挙では、比例代表東京ブロックから立候補する予定でした。