体操 白井健三が現役引退を表明

体操のリオデジャネイロオリンピック、男子団体で金メダルを獲得した白井健三選手が現役引退を表明しました。

白井選手は16日、神奈川県の日本体育大学で記者会見を開いて現役引退を表明しました。

白井選手は神奈川県出身の24歳。

抜群の跳躍力とひねりの速さを持ち味に、17歳で初めて出場した2013年の世界選手権では、ゆかで金メダルを獲得しました。

2016年のリオデジャネイロオリンピック、男子団体では中心メンバーの1人として金メダル獲得に貢献しました。

また、新しい技を次々と成功させ、ゆかと跳馬で合わせて6つ、自身の名が付く技を持っています。

リオデジャネイロオリンピックの後はケガに悩まされ、ことし行われた東京オリンピックの代表選考会に出場しましたが、2大会連続の代表入りを逃していました。
白井選手は「地元のオリンピックを1つの区切りにしたいという思いがあった。代表選考会で最後に自分の演技ができて満足した。すっきりした状態で現役を終わることができている。選手としての未練は1つもない状況だ」と心境を語りました。

そして「恵まれた体操人生だったと思う。体操は点数を競う競技だが、人を認めあうことを体操からは教わった。試合で優勝することや代表に選ばれるときもうれしいが、先輩や後輩たちと笑いあった1日1日が宝物だったなと思う」と競技生活を振り返りました。

また、内村航平選手に引退を事前に伝えていたことを明かし「航平さんがいなかったら、僕はいない。感謝ということばでは言い表せない」と話しました。

今後は、大学で指導者として活動していくということで「自分の経験したことを伝えていきたい」と抱負を語りました。

自身の名がつく大技 次々と披露

白井健三選手は、高校生で初めて出場した世界選手権で、新しい大技を次々と披露して金メダルを獲得、関係者やファンに驚きを与えました。

その後もみずからの名前のついた大技をこなして、内村航平選手とともに日本の体操界を実力、人気の両面で引っ張りました。

白井選手は2013年の世界選手権に高校生で初出場すると、ゆかと跳馬で世界大会で初めてとなる3つの大技をいきなり成功。

ゆかの後方伸身宙返り4回ひねりや、前方伸身宙返り3回ひねり、跳馬の伸身ユルチェンコ3回ひねりの3つの技すべてにみずからの名前がつけられました。

鋭いひねり技を持ち味に、この大会では、日本選手で史上最年少となる金メダルをゆかで獲得しました。

鮮烈な世界選手権デビューで大きな注目を集めるようになった後も、新しい技を開発。

みずからの名前がついた技はゆかで3つ、跳馬で3つにもなりました。

そして、リオデジャネイロオリンピックでは中心メンバーとして団体金メダルを獲得するなど内村選手とともに日本の体操界を実力、人気の両面で引っ張りました。

その後は、ゆかと跳馬のスペシャリストから脱却し、6種目での活躍を目指すオールラウンダーとして、鉄棒などの苦手種目を強化。

2017年の世界選手権では個人総合で銅メダルを獲得し、内村選手の次の世代のエースとしての役割を期待されました。

しかし、2019年からは足首や肩のけがに悩まされて本来の演技ができず、世界選手権の代表からも外れるようになりました。

東京オリンピックの代表選考会でも同じ学年の萱和磨選手や谷川航選手が代表に内定する一方、白井選手はゆか以外の得点を伸ばすことができず、オリンピックの2大会連続出場はなりませんでした。

内村選手にかわる日本のエースとしての役割をオリンピックで担うことはできませんでしたが、みずからの名前がついた数々の大技とオリンピックや世界選手権の金メダルで体操界の歴史にも、関係者やファンの記憶にも強く残ることになりました。

白井「本当に幸せな体操人生だった」

白井健三選手は記者会見で「地元のオリンピックを1つの区切りにしたいという思いがあった。東京オリンピックのシーズンをどんな形でも1年間やり抜いたところで引退しようと決意していた。後輩や学生に自分が経験したことや力になれることを与えていきたい気持ちが強くなった。自分に向けてのエネルギーより後輩や学生に教えるエネルギー、自分の喜びより学生の喜んでいる姿を見るほうが自分に取って大きな喜びで、エネルギーを向ける方向が変わってきていると感じた」と引退を決意するまでの心境の変化を明らかにしました。

現役を引退する意向は事前に内村航平選手に伝えていたということで「“最後は、自分のやりたいようにやりな”と言ってくれた。いつまでも変わらない存在だと思ったし、航平さんがいなかったら、今の僕はいない。感謝ということばでは言い表せない」と話しました。

現役最後の演技となった今月6日の全日本種目別選手権について「かなり緊張はしたが、最後に自分の演技ができて満足した。すっきりした状態で現役を終わることができている。選手としての未練は1つもない状況だ」と話しました。

自身の名がつく技がゆかと跳馬で合わせて6つできたことについて「たまたま世界で初めてやった技が僕に6つあっただけ。特別な感情はないが、いつか教え子が技を身につけてくれて、“白井の教え子だからできるんだな”と思われたらおもしろいなと思う」と謙遜しながら話しました。

そして「恵まれた体操人生だったと思う。体操は点数を競う競技だが、人を認めあうことを体操からは教わった。試合で優勝することや代表に選ばれるときもうれしいが、先輩や後輩たちと笑いあった1日、1日が宝物だった。本当に幸せな体操人生だった。まわりの支えがあってここまで来られた」と競技生活を振り返りました。

現役を退いて迎える来月の東京オリンピックについては「1人のファンとしてテレビの前で全力で応援したいと思っているし、指導者として歩みを始めているので、指導者としての勉強としてオリンピック観戦したい」と前を向いて話しました。

今後は、大学で指導者として活動するということで「自分の経験したことを伝えていきたい。まだ現役を終えたばかりで体も動かせるしエネルギーはかなりあるので、そのエネルギーを生かしていろんなことに挑戦したい」と抱負を語っていました。

日本体操協会副会長「すばらしい選手だった」

日本体操協会の副会長で日本体育大学、体操競技部の具志堅幸司部長は、引退した白井健三選手について「まずは、よく頑張った。自分の得意なことをとことん追求していったすばらしい選手だった」とたたえていました。

日本体育大学 畠田監督「指導者としての活躍に期待」

白井健三選手を大学時代に指導した日本体育大学の畠田好章監督は「大学に入学する前は、好きな種目を一生懸命やり、苦手なことから逃げている印象だった。高校生で出場した世界選手権の種目別で金メダルを取って入学してきた時は、自分が6種目のオールラウンダーになり、団体で活躍できるようになりたいと、しっかりした目標を持ってきた。こんな選手はいなかった」と白井選手が入学した当時を振り返りました。

そして「私自身、指導をするプレッシャーはあった。ただ、得意な種目は勝手にうまくなる。ふだんの練習がどれだけ大事か理解してやってくれたので、まわりの学生の意識もどんどん変わっていった。本人はつらい思いもしたと思うが、それが今後の指導に必ず生きてくる」と今後の指導者としての活躍に期待していました。