ゾウ2頭の死因は腸炎の可能性 千葉「市原ぞうの国」

千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で飼育していたゾウ2頭が死んで1か月がたち、病理検査の結果などから腸内から特定の細菌が見つかったことから、死因はこの細菌による腸炎の可能性が高いことが分かりました。

市原市の「市原ぞうの国」では先月中旬、6頭のゾウが食欲がなくなるなど相次いで体調を崩して、このうち2頭が死んで1か月となる16日、園内では死んだ2頭のゾウの死を悼み、関係者がヤマボウシなどの植樹を行いました。

体調を崩した残り4頭のうち、3頭はほぼ回復しましたが、最も症状が重かった1頭は点滴を受けるなど現在も不調が続いています。

動物園では、死んだゾウの解剖や病理検査を進めるなど死因を調べてきましたが、これまでの検査で腸内の組織から毒素を作り出す細菌が見つかったことから、この細菌が異常に増殖して腸から出血する「腸炎」による可能性が高いことが分かりました。

この細菌はもともとゾウの腸内にいる細菌で、園では何らかの食べ物によって腸炎が引き起こされたものと見て、さらに詳しく調べることにしています。
動物園の竹鼻一也獣医師は「ゾウの餌は他の動物も食べているので、餌自体に問題があったのではないが、詳しいメカニズムについて引き続き調べたい」と話しています。
また、坂本小百合園長は「まだ大きなショックが残っていますが、残されたゾウを守っていきたい」と話しています。