土地利用法案 参院本会議で採決なら議運委員長解任決議も 立民

安全保障上、重要な施設周辺の土地利用を規制する法案をめぐり、立憲民主党の難波参議院国会対策委員長は、与党側が15日の参議院本会議で採決に踏み切る場合は、参議院議院運営委員長の解任決議案を国会に提出する考えを示しました。

参議院内閣委員会で審議が行われている、安全保障上、重要な施設周辺の土地利用を規制する法案をめぐっては、与党側が14日、委員会での採決を提案したことに立憲民主党と共産党が反発し、自民党の森屋内閣委員長の解任決議案を提出しました。

与党側は、森屋委員長の解任決議案を15日の参議院本会議で反対多数で否決したあと、直ちに参議院内閣委員会で法案を可決させたうえで、15日夜中に参議院本会議でも採決を行い、成立させる構えを見せています。

これについて、立憲民主党の難波参議院国会対策委員長は記者団に対し、与党側が15日の本会議での採決に踏み切る場合は、これを阻止するため、自民党の水落参議院議院運営委員長の解任決議案を国会に提出する考えを示しました。