菅首相 G7に向け出発「日本の立場を説明 議論に貢献したい」

菅総理大臣は、G7サミット=主要7か国首脳会議に出席するため、10日午後8時半すぎイギリスに向けて出発しました。

これに先立ち菅総理大臣は、新型コロナウイルス対策や気候変動などの課題について日本の立場を説明し、サミットの議論に貢献したいという考えを示しました。

菅総理大臣は、11日から今月13日にかけて、イギリス南西部のコーンウォールで開かれるG7サミット=主要7か国首脳会議に出席します。

これに先立って、菅総理大臣は総理大臣官邸で記者団に対し「今回のG7サミットでは、新型コロナ対策、気候変動、経済、地域情勢といった重要な課題について、普遍的価値を共有するG7のリーダーと率直な議論をして、その中で日本の立場を説明し、サミットの議論に貢献したい」と述べました。

また、東京オリンピック・パラリンピックについて「感染対策を徹底し、安全・安心の大会を実現する。こうしたことを説明して、理解を得たいと思う」と述べました。

G7サミットが対面で行われるのは2年ぶりで、菅総理大臣にとっては、去年9月の就任以来、初めて臨む対面での国際会議となります。

今回のサミットでは、新型コロナウイルス対策や気候変動のほか、覇権主義的な行動を強める中国をめぐって議論が行われる見通しで、民主主義や法の支配といった基本的価値を共有するG7として、どのようなメッセージを打ち出すのかが焦点となります。

政府専用機 機内照明に不具合で出発に遅れ

出発にあたって、搭乗を予定していた政府専用機の機内で不具合が見つかったため予備機に変更されました。

政府専用機を運航している防衛省・自衛隊によりますと、10日午後5時ごろ、機体を点検していた際に機内の照明に不具合が見つかったということです。

改修にあたったものの、不具合が解消されなかったため予備の専用機を使用することになったということです。

このため、菅総理大臣は、当初の予定よりおよそ1時間半遅れて、今夜8時半すぎ、イギリスに向けて羽田空港を出発しました。

政府関係者によりますとG7サミットのスケジュールには影響はないということです。