大リーグ マイナー退団の山口俊 巨人入団で合意

プロ野球 巨人は大リーグ、ジャイアンツ傘下のマイナーリーグのチームを退団した山口俊投手と、契約を結ぶことで合意したと発表しました。

33歳の山口投手は、巨人から大リーグのブルージェイズに2年契約で移籍しましたが、新型コロナウイルスの影響で60試合で行われた昨シーズン、2勝4敗、防御率8.06に終わり、ことし2月に戦力外となりました。

その後、ジャイアンツとマイナー契約を結びましたが、マイナーリーグの3Aでも今シーズン0勝3敗、防御率6.17とふるわず、大リーグ昇格のきっかけをつかめず退団しました。

そして、今月2日に日本球界復帰を表明したのを受け、山口投手がおととしまでプレーしていた巨人が、先発と抑えでのこれまでの実績を評価し、帰国後、電話やメールで交渉を行った結果、10日、契約を結ぶことで合意したと発表しました。

山口投手の入団会見は11日にオンラインで行われます。