“滋賀のラピュタ“ ネットで人気の鉱山跡を知事が視察

滋賀県長浜市の鉱山跡がスタジオジブリの人気アニメ映画「天空の城ラピュタ」に登場する廃虚に似ていると人気を集めています。9日は地域の活性化につなげようと、三日月知事が視察しました。

滋賀県長浜市木之本町にある「土倉鉱山」の跡地にはかつて鉱石を選別していたコンクリート造りの建物が今も残されていますが、こけむし、草木が生い茂る廃虚のような状態になっています。

ここでは明治時代から銅の採掘が行われていましたが、安い海外産に押され、昭和40年に閉山しました。

跡地の光景はスタジオジブリの人気アニメ映画「天空の城ラピュタ」に登場する廃虚に似ているとネット上で人気を集めるようになりました。
9日は滋賀県の三日月知事が視察に訪れ、この鉱山跡を地域の活性化につなげようと、地元のガイドから話を聞きました。

知事は、当時、建物がどう使われていたのか作業工程の説明を受けたあと、今はコスプレを楽しむアニメファンが訪れるといった近況を聞き、興味深そうに見て回っていました。

三日月知事は「時代が変わり廃れてしまったが、ポストコロナの時代に憩い、安らげる場所として新たな価値を見いだせるよう地元の人たちと活用策を考えていきたい」話していました。