韓国 解体作業中の建物倒壊 バスが下敷きに 9人死亡 8人けが

韓国南西部のクワンジュ(光州)で9日夕方、解体作業中の5階建ての建物が倒壊して通りがかった路線バスが下敷きとなり、これまでに9人が死亡し8人がけがをしました。

韓国南西部のクワンジュで9日午後4時すぎ、解体作業が行われていた5階建ての建物が倒壊しました。

地元メディアが伝えた倒壊する瞬間の映像からは、建物の壁が多くの車が走る道路に崩れ落ちて近くにいた人たちが慌てて逃げる様子が確認できます。

この事故で、建物の前を通りがかった路線バス1台ががれきの下敷きとなって、現地の消防によりますとこれまでにバスに乗っていた9人が死亡、8人がけがをしたということです。

現場の作業員は異常を感じて事前に避難をしていたため、無事だったということです。

警察と消防がさらに巻き込まれた人がいないか確認を進めているほか、倒壊した原因についても調べています。

また、現地の日本大使館によりますと、これまでのところ死傷者の中に日本人が含まれているという情報はないということです。