有機米栽培に 雑草の成長抑えられるロボット実演 山形 鶴岡

農薬や化学肥料を使わないコメの栽培に役立てようと、田植え後に雑草の成長を抑えられるというロボットが開発され、山形県鶴岡市で実演が行われました。

このロボットは鶴岡市で街づくりに取り組む会社ヤマガタデザインの関連会社が、東京に本社がある半導体メーカーから技術協力を得て開発しました。

ロボットは、幅1.2メートル、高さ20センチほどで、田植え後の水田に浮かべると専用のスクリューを使って水中の泥を巻き上げます。水が濁ることで光が遮られ、雑草の成長を抑えることができるということです。

ロボットには、GPSが装備され位置を認識して動くほか、取り付けられたソーラーパネルで充電した電気を使って、全自動で動く機能が備わっているということです。

ロボットの開発を担当した中村哲也さんは「人手をかけずにコメを作ることが将来必ず必要になる。農家の負担となる除草作業をテクノロジーと自然エネルギーを使ったロボットで軽減したい」と話していました。

開発側では、ロボットをさらに改良するなどして、数年以内の実用化を目指すということです。