深海の巨大ザメ「オンデンザメ」海洋研究開発機構が撮影に成功

深い海にすむ巨大なサメ、「オンデンザメ」の珍しい映像を静岡県沖の深海で撮影することに、海洋研究開発機構の研究グループが成功しました。

「オンデンザメ」は体長が4メートルを超える深海では最大級のサメで、主に北太平洋の水深500メートルから1000メートルほどに生息していて、その生態はほとんどわかっていません。

海洋研究開発機構の研究グループは、2016年に静岡県沖の駿河湾の水深およそ600メートルの深海の2か所に、餌とともにカメラを設置しました。

すると、体長3メートルを超える「オンデンザメ」がゆっくりと現れ、餌である魚の切り身を食べようとする姿が撮影されました。

この「オンデンザメ」は顔の先端付近に釣り糸が巻きついていて、もう1台のカメラにも同じ「オンデンザメ」が姿を現したということです。

研究グループによりますと、深海で活動する「オンデンザメ」の姿が撮影されるのは珍しいということです。

「オンデンザメ」の仲間の深海のサメの中には寿命が400年程度と推定されているものもいて、「オンデンザメ」も長く生きることができると見られています。

海洋研究開発機構の藤原義弘上席研究員は「オンデンザメの生態はまだまだわからないことも多く、駿河湾は身近にあるが新しいことが出てくる魅力的な場所だ」と話していました。