入管法の改正案 採決見送り 立民が収容施設で死亡の真相究明を

衆議院で審議されている出入国管理法などの改正案をめぐって、自民党と立憲民主党の国会対策委員長が会談し、立憲民主党が、収容施設でスリランカ人の女性が死亡した真相究明が欠かせず、採決には応じられないと主張したことから、12日の委員会での採決は見送ることで一致しました。

国外退去処分を受けた外国人の収容の在り方などを見直す出入国管理法などの改正案は、衆議院法務委員会で審議が行われていて、与党側は審議が尽くされているとして、12日の委員会で採決したいと重ねて求めましたが、野党側は、名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人の女性が死亡に至った真相の究明が欠かせず、採決には応じられないと主張し、折り合いがつきませんでした。

これを受けて、自民党の森山国会対策委員長と立憲民主党の安住国会対策委員長が12日午後、国会内で会談し、改正案の取り扱いについて協議しました。

この中で安住氏は、法案の採決を急ぐ必要はないと改めて主張し、両氏は12日の委員会での採決は見送ることで一致しました。

また、森山氏は14日の委員会で採決したいと提案し、両氏は13日に改めて協議することになりました。

自民 森山国対委員長「大事な法案 慎重な審議が必要」

自民党の森山国会対策委員長は、記者団に対し「非常に大事な法案なので、慎重な審議が必要だ。参議院の審議状況を考えると、きょう採決しなければならないという時間的な制約もないので、あさってまで持ち越すこともやむを得ないと判断した」と述べました。

立民 安住国対委員長「『筋悪法案』だ」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「法案の中身も問題だし、今回、収容施設で犠牲者が出たことも問題だ。このまま採決ということになれば、コロナ禍でやりたくはないが体を張ってでも抵抗せざるをえない。ひと言で言うと『筋悪法案』だ」と述べました。

共産 穀田国対委員長「本質的な問題さらに審議を」

共産党の穀田国会対策委員長は、記者会見で「施設に収容されていたスリランカ人の女性が亡くなったことの真相を明らかにするとともに、入国管理の運用の在り方などといった本質的な問題について、さらに審議を深めなければ法案の採決を行うことはできない」と述べました。