静岡県中部 竜巻など突風発生か 3人けが 電柱折れ曲がる被害も

静岡県では大気の状態が非常に不安定になり気象台は1日夜、静岡県中部で竜巻などの突風が発生したとみられると発表しました。各地で20メートルを上回る最大瞬間風速を観測し、県中部の牧之原市ではこれまでに3人が割れたガラスでけがをしたほか、トラックが横転したり電柱が折れ曲がったりする被害が出ています。

静岡県では大気の状態が非常に不安定になって気象台は1日午後8時すぎ、静岡県中部で竜巻などの突風が発生したとみられると発表しました。

特に午後6時台から7時台にかけて各地で風が強くなり
▽熱海市網代で32メートル、
▽石廊崎で31.7メートル、
▽御殿場市で27メートル、
▽三島市で23.6メートル、
▽御前崎市で22.9メートル、
▽牧之原市の静岡空港で20.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

静岡市消防局によりますと、午後6時半すぎからこれまでに牧之原市で30代から60代までの男女合わせて3人が割れたガラスでけがをし、いずれも軽傷だということです。

また、牧之原市によりますと、布引原地区で住宅1棟がほぼ半壊の状態になっているほか、トラックなど10台ほどの車が横倒しになるなどの被害が確認されています。

さらに道路脇の複数の電柱が折れ曲がり、道路をふさぐなどしているということです。

静岡地方気象台は「これまでの状況から竜巻が発生した可能性はある。被害が大きかった地域に2日朝から職員を派遣し調査を行うことにしている」としています。