水俣病の公式確認から65年 患者団体主催の慰霊祭 熊本

「公害の原点」と言われる水俣病が公式に確認されてから1日、65年になり、熊本県水俣市で患者団体が主催する慰霊祭が行われました。

水俣病は、1956年5月1日、水俣市の医師が、突然歩けなくなるなどの症状が出た姉妹の入院を保健所に届け出たことが公式な確認とされ、1日で65年になりました。

水俣市などが主催する慰霊式は新型コロナウイルスの影響で去年に続いて中止となりましたが、患者や遺族でつくる団体が規模を縮小して1日、慰霊祭を行い、参列したおよそ40人が水俣病で犠牲になった命に祈りをささげました。

水俣病をめぐっては、いまも熊本県と鹿児島県の合わせて1400人以上が患者の認定を求めて審査結果を待っているほか、国や原因企業・チッソなどに損害賠償などを求める裁判を続けている人も1600人以上いて、解決が見通せない状況が続いています。

公式確認の年に生まれた胎児性患者の坂本しのぶさんは「だんだん症状が悪化し、歩けなくなるなど、体が苦しくなってきています。65年たってもチッソが憎いですし、国や県は、いまも残る問題にしっかり向き合うべきだと思います」と話していました。

遺族「被害者を思って対応を」

患者や遺族でつくる団体、水俣病互助会の会長で、娘を水俣病で亡くした上村好男さんは「あっという間の65年だったと思います。娘を失った悲しみは時間がたっても消えませんし、今でも夢に見ます。水俣病の現状について、健康調査がいまだ実施されないなど、国などは問題から目を背けていると思うので、きちんと被害者を思って対応をしてほしい」と話していました。

また、患者の認定などを求めて14年間、裁判を続けている佐藤英樹さんは「水俣病は『公害の原点』と言われながらも、65年がたっても、被害者が裁判を続けています。怒りを感じますし、認定の問題、裁判の問題が解決しないかぎり、水俣病は終わらないと思います」と話していました。