ホワイトハウス報道官 “北朝鮮政策見直し終了 非核化目指す”

アメリカ、ホワイトハウスの報道官は、バイデン政権が進めていた対北朝鮮政策の見直しを終えたと明らかにし、外交を通じて朝鮮半島の完全な非核化の実現を目指す考えを示しました。

バイデン政権は、同盟国の日本や韓国などと協議を行いながら、対北朝鮮政策の見直し作業を進めてきました。

これについて、ホワイトハウスのサキ報道官は4月30日、記者団に対し、見直し作業を終えたと明らかにし「過去の政権では実現しなかったことは分かっているが、われわれの目標が朝鮮半島の完全な非核化を目指すことに変わりはない」と述べました。

詳細は明らかにしなかったものの「われわれの政策は北朝鮮との外交を模索するもので、調整された現実的なアプローチになる」と述べ、外交を通じて非核化の実現を目指す考えを示しました。

一方、オバマ政権時代に、制裁などで圧力をかけながら北朝鮮の姿勢の変化を引き出そうとした「戦略的忍耐」のアプローチや、トランプ政権時代に、北朝鮮による完全な非核化の見返りに制裁を解除するなどとしたアプローチはとらないとしています。

記者団から「バイデン大統領は政策の見直しを終えてから同盟国と話をしたのか」と問われると、サキ報道官は直接は答えなかったものの「同盟国などとは緊密に連携していて、菅総理大臣との首脳会談でも議論している。彼らの意見は見直し作業の中で役割を果たしている」と述べました。

さらに「今後、すべての段階において同盟国や友好国との協議は続けていく」と述べ、日本などと連携しながら政策を進めていくとしています。