株価 値下がり 一時300円近く下落も 利益確定の売り注文増

30日の東京株式市場は、午後に入って大型連休を前にいったん利益を確定させる売り注文が増え、日経平均株価は値下がりしました。

▽日経平均株価、30日の終値は28日より241円34銭安い、2万8812円63銭。

▽東証株価指数=トピックスは、10.82下がって、1898.24。

▽1日の出来高は13億5010万株でした。

市場関係者は、「緊急事態宣言の影響で国内の景気回復が遅れることへの懸念が出ていることに加え、午後に入って大型連休を前に手持ちの株式を売っていったん利益を確定させる売り注文も増え、株価は一時、300円近く下落する場面もあった」と話しています。