“紀州のドン・ファン” 結婚後の元妻に不満持ち離婚示唆か

和歌山県田辺市の資産家で“紀州のドン・ファン”と呼ばれた男性を殺害したとして元妻が逮捕された事件で、男性が結婚後の元妻の態度に不満を持ち、「離婚する」と伝えていたことが関係者への取材でわかりました。警察は当時、2人の間でどのようなやり取りがあったのか、周囲にいた人たちに話を聞くなどして詳しく調べています。

3年前、和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さん(77)が自宅で急性覚醒剤中毒で死亡した事件で警察は29日、殺人などの疑いで逮捕した元妻の須藤早貴容疑者(25)を和歌山地方検察庁に送りました。

野崎さんの会社の役員だった男性によりますと、野崎さんは年齢差のある須藤容疑者に毎月100万円を渡す約束をして事件の3か月前に結婚したということです。

しかし、須藤容疑者が結婚後に東京都内のマンションに住み続けたことなどに不満を持ち「離婚する」と伝え、離婚届に判を押して保管していたということです。

警察は当時、2人の間でどのようなやり取りがあったのか周囲にいた複数の関係者に話を聞くなどして詳しく調べています。

警察は須藤容疑者の認否をこれまで明らかにしていません。