アポロ計画 コリンズさん死去「歴史上最も孤独だった人」

人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の乗組員の1人、マイケル・コリンズさんが28日亡くなりました。90歳でした。

「歴史上最も孤独だった人」

マイケル・コリンズさんは1952年にアメリカ陸軍士官学校を卒業後空軍に入隊し、戦闘機のパイロットなどを経て1963年に宇宙飛行士に選ばれました。
1966年にジェミニ10号で初めて宇宙を飛行し、2回の宇宙遊泳も行ったコリンズさんは1969年、アポロ11号の乗組員として月に向かいました。
コリンズさんはニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン宇宙飛行士が月面への着陸という偉業を達成する中、司令船に1人残って支援にあたっていたことから「歴史上最も孤独だった人」とも呼ばれました。

空軍を退役したあとは、国務省の次官補や国立航空宇宙博物館の館長などを歴任しました。
家族によりますと、コリンズさんはがんで闘病中でしたが、28日、家族にみとられながら亡くなったということです。死因は明らかにされていません。

NASA=アメリカ航空宇宙局のジャージック長官代行は「本物の先駆者で、宇宙開発の支援者だった」とコリンズさんを悼むコメントを発表しました。

アポロ計画 コリンズさんは月を周回しながら2人の戻りを待った

アポロ計画は、人類で初めてとなる有人の月面着陸を目指してNASA=アメリカ航空宇宙局が行った計画で、1960年代から70年代にかけて実施されました。

冷戦状態にあった旧ソビエトが、1957年に人類初の人工衛星の打ち上げを成功させたことでアメリカなどに「スプートニク・ショック」と呼ばれる衝撃が走り、対抗する形で計画が打ち出されました。そして、1969年7月16日、宇宙飛行士3人を乗せたアポロ11号が打ち上げられました。

打ち上げから4日後、月着陸船「イーグル」が切り離されて月面への着陸に成功。ニール・アームストロング船長が人類で初めて月面に降り立ち、バズ・オルドリン宇宙飛行士がそれに続きました。

一方、マイケル・コリンズ宇宙飛行士は「司令船」に1人で残り、2人の支援にあたりました。「司令船」は直径4メートル足らずの円すい形で、コリンズさんは月を周回しながら2人の戻りを待ったということです。