東京五輪・パラ 観客数上限判断先送りへ 6月の可能性も

東京オリンピック・パラリンピックの観客の数の上限について大会組織委員会の橋本会長は「少し時間がかかるかもしれない」と述べ、最終的な判断の時期を先送りする考えを示しました。そのうえで組織委員会は判断の時期が6月にずれ込む可能性があることを示唆しました。

史上初めて1年延期された東京オリンピック・パラリンピックをめぐっては国内外で新型コロナウイルスの感染拡大を抑えることができていないため、組織委員会やIOC=国際オリンピック委員会などは3月、海外からの観客の受け入れ断念を決め、国内の観客数の上限については4月中に方向性を示すとしていました。

これについて組織委員会の橋本会長はきょう開かれたIOC理事会のあとの記者会見で「最終的な判断をいつ示すことができるかは検討中だが、少し時間がかかるかもしれない」と述べ判断を先送りする考えを示しました。

また、同席した武藤事務総長は「場合によっては6月ということもありうるだろうと判断している状況だがこれから詰めることになる」と述べ、判断の時期が6月にずれ込む可能性を示唆しました。

そのうえで「極端に判断が遅くなると、チケットホルダーやホテルなどに迷惑がかかるので新型コロナの感染状況を見極める必要性と、迷惑をかけないことを総合的に考えながらこれから相談していくことになる」と述べました。

組織委員会はIOCとIPC=国際パラリンピック委員会、それに政府、東京都の5者による協議を来週にも開催し観客の受け入れについて意見を交わすことにしています。