大リーグ ツインズ・前田健太 6回2失点に抑え今シーズン初勝利

大リーグ、ツインズの前田健太投手がタイガース戦に先発登板し6回を2失点に抑え今シーズン初勝利をあげました。日本の先発投手では今シーズン最初の勝利です。

前田投手は7日、相手の本拠地デトロイトで行われたタイガース戦に中5日で先発登板しました。

前田投手は2回、1アウトからヒットでランナー一塁とされ、続くバッターにタイムリースリーベースヒットを打たれて1点を失いました。

さらに一塁三塁とピンチが続きましたが、このあとのバッターをみずからの好守備でピッチャーライナーのダブルプレーに打ち取り追加点を許しませんでした。

3回以降は、キレのある変化球と力のある速球で三振を奪うなど徐々に持ち味を見せました。

前田投手は5回にホームランで2点目を失い、1点リードで迎えた6回はヒットとフォアボールなどで1アウト満塁とピンチを招きました。続くバッターのライトフライで相手の三塁ランナーがタッチアップで得点をねらいましたが味方の好送球でホームでタッチアウトにし、同点を阻止しました。

前田投手は味方の守備にも支えられながら粘り強く6回を投げ、ヒット7本、三振6個を奪って2失点に抑え、勝ち投手の権利を得てマウンドを降りました。

試合はツインズが3対2で勝って前田投手は今シーズン初勝利、日本の先発投手では最初の勝ち星です。

前田「すごくほっとした」

前田投手は今シーズンの初勝利について「すごくほっとした。ピンチの場面は野手に助けてもらったし、1点差をリリーフが守りきってくれた。特に6回の守備で2つの好プレーがなかったら勝てていなかったと思う」とチームメートの好守に感謝しました。

そのうえで「なんとか粘りながら最低限のことはできた。去年くらいから調子が悪くても最少失点で抑えて試合を作ることができている。このピッチングを1年間続けていきたい」と話していました。