タイガー・ウッズ 事故 “速度超過でカーブ曲がりきれず”

ゴルフのタイガー・ウッズ選手が乗用車を運転中に道路脇に突っ込み大けがをした事故について現地の警察当局は、ウッズ選手が制限速度を60キロ以上上回るスピードで走行しカーブを曲がりきれなかったことが事故の原因だと明らかにしました。

ゴルフのタイガー・ウッズ選手はことし2月、アメリカ ロサンゼルスの近郊で乗用車を運転中に道路脇に突っ込み右足を骨折するなどの大けがをしました。

現地の警察当局は7日に会見し、乗用車に記録されていたデータを分析した結果、ウッズ選手が事故の直前、制限速度を60キロ以上上回る時速130キロ余りで走行しカーブを曲がりきれなかったことが事故の原因だと明らかにしました。

また事故当時、ウッズ選手がブレーキとアクセルを踏み間違えていた可能性があるという見方も示しました。

ウッズ選手に飲酒などの違反はなかったということで、警察当局は刑事責任を問うことはないという考えを改めて示しました。

ウッズ選手は7日、ツイッターの公式アカウントでメッセージを発表し「引き続きけがの治療に専念すると同時に、つらい時に支援と励ましをくれたすべての人々に感謝します」とコメントしています。