プロ野球 7日の6試合結果 パは楽天が西武に勝ち首位浮上

プロ野球はナイトゲーム6試合が行われパ・リーグでは楽天が西武に勝って首位に浮上しました。

パ・リーグです。
▽西武 対 楽天は楽天が6対3で勝ちました。
楽天は1回、浅村選手のタイムリーで1点を先制したあと、3回に辰己選手の3号ソロ、5回には横尾選手のタイムリーツーベースでリードを広げました。先発の則本昂大投手は7回2失点の好投で開幕2連勝です。
西武は投手陣が崩れ、今シーズン初めての連敗です。

▽ロッテ 対 オリックスはロッテが9対2で勝ちました。
ロッテは1対1の3回、マーティン選手のタイムリーで勝ち越し、3対2の7回にはマーティン選手の5号ソロと安田選手の2号ツーラン、藤岡選手の1号ツーランの3本のホームランが出てオリックスを突き放しました。先発の岩下投手は7回途中を2失点で今シーズン初勝利、ロッテは引き分け2つを挟んで4連勝です。
オリックスはリリーフ陣が精彩を欠きました。

▽日本ハム 対 ソフトバンクはソフトバンクが6対2で勝ちました。
ソフトバンクは1対2の7回、相手のエラーで同点に追いつき、松田選手のタイムリーツーベースで勝ち越しました。8回には栗原選手の2点タイムリーツーベースなどでリードを広げました。3人目に投げた3年目の杉山投手がプロ初勝利をあげました。
日本ハムは先発したルーキーの伊藤投手を援護できず引き分けを挟んで6連敗です。

セ・リーグです。
▽阪神 対 巨人は阪神が7対1で勝ちました。
阪神は3回、相手の悪送球で1点を先制し、4回には糸原選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を加えました。5回にはサンズ選手の4号ツーランでリードを広げました。先発のルーキー、伊藤将司投手は7回1失点の好投でプロ初勝利をあげ、阪神は4連勝です。
巨人は先発の畠投手が4回途中を4失点と役割を果たせませんでした。

▽中日 対 DeNAは中日が3対1で勝ちました。
中日は2回、相手のエラーで2点を先制し、5回には根尾(ねお)選手のタイムリーで追加点をあげました。先発の勝野投手は5回無失点で今シーズン初勝利、中日の連敗は3で止まりました。
DeNAは12残塁とチャンスを生かせませんでした。

▽ヤクルト 対 広島はヤクルトが3対2で勝ちました。
ヤクルトは1対2の6回、荒木選手のスクイズで同点としたあと、7回には山崎選手のタイムリーで1点を勝ち越しました。3人目に投げたマクガフ投手が今シーズン初勝利をあげました。
広島の3人目、ルーキーの森浦投手がプロ初黒星です。