サッカーJ1 第8節結果 首位のフロンターレはサガンに勝ち3連勝

サッカーJ1は第8節の残り9試合が行われ、首位の川崎フロンターレはサガン鳥栖に勝って3連勝としました。

▽フロンターレはサガンに退場者が出たあとの後半20分、途中出場の遠野大弥選手が決勝ゴールを決め1対0で勝ちました。フロンターレは3連勝でJ1通算300勝目をあげ、勝ち点を25に伸ばしました。
サガンは今シーズン初の連敗です。

▽2位の名古屋グランパスは湘南ベルマーレと0対0で引き分け、フロンターレとの勝ち点の差は5に開きました。

▽ヴィッセル神戸 対 大分トリニータはヴィッセルが1対0で勝ち3連勝で3位に浮上しました。古橋亨梧選手が3試合連続となる今シーズン5点目のゴールを決めました。

▽横浜FC 対 サンフレッチェ広島は、サンフレッチェが浅野雄也選手の2得点などで3対0で快勝しました。

▽徳島ヴォルティス 対 ベガルタ仙台はヴォルティスが1対0で勝ち3連勝です。
ベガルタは6連敗となりました。

▽鹿島アントラーズ 対 柏レイソルはアントラーズが上田綺世選手の今シーズン初ゴールなどで2対1で勝ち連敗を3で止めました。

▽FC東京 対 北海道コンサドーレ札幌はFC東京が2対1で勝ちました。ディエゴ・オリヴェイラ選手が2ゴールを決めました。

▽清水エスパルス 対 浦和レッズはレッズが2対0で勝ち、今シーズン初の連勝です。

▽ガンバ大阪 対 アビスパ福岡は0対0で引き分けました。