京都府知事「まん延防止等重点措置」要請も視野に対応検討

京都府の西脇知事は京都や大阪などでの新型コロナウイルスの感染の急拡大に危機感を示したうえで今後、状況がさらに悪化した場合は国に対し「まん延防止等重点措置」の適用を要請することも視野に対応を検討する考えを示しました。

京都府の西脇知事は7日夕方、記者団に対し、関西での感染状況について「大阪、兵庫とも感染者数が過去最高ということで同じ都市圏での感染拡大を憂慮している。京都も感染が拡大しており危機感を強くしている」と述べました。

そして6日、西村経済再生担当大臣が必要に応じて京都などに「まん延防止等重点措置」の適用を検討する考えを示したことについて「政府が京都の名前を出すということは感染がさらに広がる懸念を持っているのだと思う。府としても措置の適用を視野に入れて検討を進めるつもりだ」と述べました。

そのうえで西脇知事は「すぐに要請とは考えていないが今の感染拡大のスピードは驚異的なので、必要があればちゅうちょなく判断したい」と述べ、今後、状況がさらに悪化した場合は国に対し「まん延防止等重点措置」の適用を要請することも視野に対応を検討する考えを示しました。