赤ちゃんパンダ「楓浜」 屋外で遊ぶ姿を初公開 和歌山 白浜町

和歌山県白浜町のテーマパークでは、去年生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「楓浜」が、屋外運動場で遊ぶ姿が初めて報道陣に公開されました。

白浜町のテーマパーク、アドベンチャーワールドでは、去年11月にジャイアントパンダのメスの赤ちゃんが生まれ、先月には全国からの投票で「楓浜(ふうひん)」と名付けられました。
7日は、楓浜が屋外運動場に出て遊ぶ姿が初めて報道陣に公開されました。

飼育スタッフに抱かれて運動場に出てきた楓浜は、芝生の上に下ろされると寝そべって日光浴をしたり、遊具によじ登ろうとつかまり立ちしたりするなど、元気いっぱいに動き回っていました。
飼育スタッフの吉田倫子さんは「最近は好奇心も芽生え、いろいろと新しいものに興味を持ち始めています。太陽を浴びて運動することで、丈夫な体を作ってほしい」と話していました。
楓浜の屋外での様子は、まだ一般公開はされていませんが、今後は動画投稿サイトなどで配信していくということです。