五輪聖火リレー三重県に 瀬古利彦さんがスタート

東京オリンピックの聖火リレーは7日から三重県に入り、四日市市をスタートしました。三重県の実行委員会などは、新型コロナウイルスの感染対策として沿道の観客が密にならないよう呼びかけています。

福島県からスタートした東京オリンピックの聖火リレーは、愛知県から全体の7番目として三重県に引き継がれ、7日と8日の2日間で県内12の市と町をまわります。

7日は四日市市の四日市公害と環境未来館前で出発式が行われ、桑名市出身でマラソンでロサンゼルス大会から2大会連続でオリンピック代表を務めた瀬古利彦さんのトーチに聖火がともされたあと、リレーがスタートしました。

瀬古さんは周囲の人たちに手を振りながら、ゆっくりと走って聖火を運んでいました。

走り終えた瀬古さんは「7月23日の東京オリンピックの開会式でともされる火を想像して走った。コロナ禍で国民全体に閉塞感(へいそくかん)がある。聖火の火でコロナを吹き飛ばしてもらいたい、皆さんが元気をもらってほしい」と話していました。

沿道では、新型コロナウイルスの感染対策として、観客が密集状態にならないよう、大会ボランティアが「密を避けよう拍手で応援!」などと書かれたプラカードを掲げるなどして注意を呼びかけていました。

聖火リレーを見た地元の女性は「一生に1度の聖火リレーで地元のスターの瀬古さんが走る姿を見ることができてよかった」と話していました。

三重県の実行委員会などは、感染対策として沿道の観客が密にならないようインターネットによるライブ中継で応援するよう呼びかけています。

聖火は津市や伊勢市の伊勢神宮周辺などを巡って、ゴールの伊勢市の県営総合競技場を目指します。