交通安全呼びかけ大使のパンダ彩浜 横断歩道ルールPR 和歌山

春の全国交通安全運動にあわせて和歌山県白浜町のテーマパークでは、メスのジャイアントパンダ「彩浜(さいひん)」の前で、警察などが交通安全を呼びかけました。

メスのジャイアントパンダの彩浜(さいひん)は、白浜町にあるアドベンチャーワールドの人気者で、おととし和歌山県警察本部から交通安全を呼びかける大使に任命されています。

春の全国交通安全運動は、子どもや高齢者など歩行者の安全確保を重点課題の1つとして、6日から始まっています。
その取り組みをPRしようとパンダの運動場には横断歩道に見立てた竹が並べられ、彩浜(さいひん)は早速好物の竹を食べていました。

彩浜の前では、県警察本部交通部の左向伸次参事官からアドベンチャーワールドの中尾建子副園長に、横断歩道では歩行者を優先するよう呼びかけるポスターが手渡されました。

このあとテーマパークのスタッフが、横断歩道では左右を確認したあと手を挙げて渡るといったルールを実演しました。

県警察本部の左向参事官は「彩浜(さいひん)の活動によって交通安全の意識が高まってきている。春は新入学児童の通学が始まるので、ドライバーは歩行者などに気をつけて運転してほしい」と話していました。