住宅少なくとも15棟延焼 山林に燃え移り消火活動続く 松江

1日夕方、松江市の住宅で火事があり、消防によりますと少なくとも15棟の住宅に延焼し煙を吸った1人が病院に運ばれました。火は近くの山林に燃え移っていて、消火活動が続いています。

1日午後5時ごろ松江市島根町加賀の住宅から火が出ていると消防に通報がありました。

消防によりますと少なくとも15棟の住宅に延焼し、煙を吸った1人が病院に運ばれたということです。

火は近くの山林にも燃え移り、およそ5時間が経過した午後10時現在も消火活動が続いています。

この火事で松江市は現場近くの公民館を避難所として開設し、少なくとも20人が避難しているということです。
現場は、松江市の中心部から北に11キロほど離れた日本海に面した集落で、気象台によりますと出火当時、松江市には強風注意報が出され現場に近い松江市鹿島では、東北東の風4.6メートルが観測されていました。

警察と消防は消火活動を続けるとともに逃げ遅れた人がいないか確認を進めています。