【専門家が分析】北朝鮮 ミサイルの発射実験

北朝鮮が発表したミサイルの発射実験。

発表文からどんなことが読み取れるのか、軍事アナリストで東京大学先端科学技術研究センターの小泉悠特任助教に話をききました。

「新型戦術誘導弾」とは

Q。
北朝鮮が「新型戦術誘導弾」と呼ぶ兵器は耳慣れない兵器です。これは何ですか。

A。
「誘導弾」というのはミサイルのことです。

また、敵の部隊や飛行場など、実際の戦場で攻撃するものを「戦術兵器」と呼びます。

このため「新型戦術誘導弾」は、比較的短い射程で敵を攻撃する新型の弾道ミサイルと考えていいと思います。

北朝鮮は、ことし1月の軍事パレードで新型ミサイルを登場させていて、発射実験の画像を見たとき、新型ミサイルの発射実験だろうと感じました。

ねらいは?

Q。
「新型戦術誘導弾」のねらいは何ですか。

A。
北朝鮮は、各国のミサイル防衛システムを突破する能力を持った弾道ミサイルを開発しようとしていると思います。

今回は、少なくとも450キロ飛んで、到達した高度は60キロくらいと見られています。

この高度は、普通の弾道ミサイルに比べるとかなり低いです。

わざと低いところを飛ばし、敵のレーダー探知をなるべく遅らせるということを意図していると見られます。

もともと北朝鮮は低空で飛行し、途中で軌道を変えるロシアの「イスカンデル」という短距離弾道ミサイルに形が似たミサイルの開発を進めてきました。

発表された画像を見ると、今回の「新型戦術誘導弾」は、従来の「北朝鮮版イスカンデル」を大きくし改良したものだと思いました。

弾頭重量から読み解く

Q。
北朝鮮は弾頭の重量が2.5トンだと発表しています。
ここから読みとけることはありますか。

A。
この大きさの弾道ミサイルとしては、2.5トンという弾頭の重量は異常に大きい。

普通であれば、このサイズのミサイルは、500キロから1トンくらいの爆薬か核弾頭を積むのが普通だと思います。

弾頭に搭載する可能性があるものとしては、核弾頭が考えられます。

ことし1月の朝鮮労働党大会でキム・ジョンウン(金正恩)総書記が「戦術核の開発」に言及しました。

つまり、これまでのようなアメリカ本土をねらう大型弾道ミサイルに比べ、射程の短いミサイルに核弾頭を積むということです。

このため、射程は比較的短いが、弾頭の大きなミサイルが必要になったと考えられます。

そのほかの可能性としては、大量の爆薬を積んで通常型の大威力兵器を目指していることも考えられます。

射程は?日本に届くのか?

Q。
射程はどのくらいあるミサイルなのですか。
日本にも届くのでしょうか。

A。
「新型戦術誘導弾」は射程が比較的短いと考えられ、北朝鮮は、朝鮮半島内での戦場で使用することを想定していると思います。

北朝鮮は、発表で600キロの距離を飛んだと主張しています。

一方、日本や韓国は450キロとしていて、距離にずれがあります。

北朝鮮側が誇大に発表したのか、実は弾頭が日韓がとらえた地点で落ちずに、さらに飛んでいたのか、理由ははっきりわかりません。

もし、飛距離が600キロであったのだとすれば、韓国全土が射程に入ります。

弾頭をもっと軽くすれば射程ものびて、日本も含まれ、日本としてはどのようなミサイル防衛体制をとっていくのかを考えていかなければならないと思います。