東京オリンピック聖火リレー きょう福島県からスタート

1年延期された東京オリンピックの聖火リレーが、25日、福島県からスタートします。聖火は121日間、およそ1万人のランナーがつないで全国をめぐります。

東京オリンピックの聖火リレーは、25日、スタート地点となる福島県の「Jヴィレッジ」で午前9時から出発式典が行われます。

最初の聖火ランナーは、2011年サッカー女子ワールドカップで優勝した日本代表「なでしこジャパン」の当時のメンバー16人が務め、聖火がともされたトーチを手に、午前9時40分ごろリレーがスタートする予定です。

25日は福島県内の10の市町村をおよそ100人の聖火ランナーが走り、予定どおり進めば、午後5時すぎに1日の最後の式典会場に到着することになっています。

聖火リレーは、25日から開会式が行われる7月23日まで、121日間にわたって行われ、47都道府県でおよそ1万人のランナーが参加する予定です。

大会組織委員会は、新型コロナの感染対策として、聖火リレーの様子をインターネットのライブ中継で見ることや、沿道では密集を避けて観覧することなどを呼びかけています。

また、沿道で生じた密集が解消されない場合はその場所を「スキップ」して次に進むことや、運営スタッフらにクラスターが発生した場合は、公道でのリレーの中止を検討するなど、安全を最優先に実施する方針です。

コロナ禍におよそ4か月にわたって全国を巡るイベントが安全に行われるかが、大会の機運を醸成する上でも大きな課題となります。

午前9時から 出発式典

25日の聖火リレーの出発式典には、組織委員会の橋本会長、政府や東京都の代表、福島県の内堀知事のほか、リレーの最初のランナーを務める2011年サッカー女子ワールドカップで優勝した日本代表「なでしこジャパン」の当時のメンバーなどが出席します。

また、聖火リレーの公式アンバサダーを務める柔道でオリンピック3大会連続の金メダリストの野村忠宏さん、射撃でパラリンピック3大会連続出場の田口亜希さん、女優の石原さとみさん、仙台市出身で被災地の支援活動を続けているお笑いコンビ「サンドウィッチマン」も出席します。

式典は、午前9時から始まり、オリンピック賛歌と国歌が流れたあと、地元福島県の小中学生が東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」を合唱します。

このあと、聖火が公式アンバサダーによってステージに運ばれ、聖火皿に点火されます。

そして「なでしこジャパン」のメンバーにトーチが授与され、そのトーチに聖火が点火されると「なでしこジャパン」のメンバーが出発し、121日間に及ぶオリンピックの聖火リレーがスタートします。

出発式典の前には、相馬地方に伝わる「相馬野馬追」の「標葉郷騎馬会」によるほら貝の演奏やいわき市にある温泉リゾート施設のショーで知られるフラガールのフラダンスなど福島県ゆかりのパフォーマンスも披露されます。
今回の聖火リレーでNHKはパソコンやスマートフォンでリレーの様子を見ることができるインターネットのライブ中継を121日間、毎日実施します。

NHKの東京オリンピック特設サイトにアクセスし、聖火リレーの項目を選べば、ライブ映像を見ることが可能です。

なお、このライブ中継で、必ずしも聖火ランナー全員をご紹介できるわけではありません。

NHKオリンピック聖火リレーHP
https://sports.nhk.or.jp/olympic/torch/